カテゴリー「テクノロジー」の20件の記事

2015/06/30

/etc/fstabを書き間違えて復旧に苦労した顛末

旧マシンのVHD化を進めてるわけだが、旧々PCにFreeBSD4.3が入っててVPC上でちゃんと起動した。
で、fstabを見たらadじゃなくてwdになってたから、安易にfstabだけ書き換えて再起動しちゃった。
実は該当デバイスノードが作られていなかった。(← 自分で作らなきゃ存在するはずないw)
なので、ルートマウントポイント( / ) が read-only な事態に!
ググるとたくさん出てくるサイトを参考に
mount -u /
をやってみたが、ad0s3a とadデバイスで中途半端にマウント出来ちゃってるためか、エラーになって書き込み可能にならない。
しかも /dev も / 配下なので./MAKEDEV ad0s3a が書込み禁止エラーで出来ない。

そこで fstab の記述を一旦wdに戻す事にした。
まずは書き込み可能な / をマウント。
mount /dev/wd0s3a /mnt
他もマウント。
mount /dev/wd0s3e /var
mount /dev/wd0s3f /usr
で vi しようとしたらテンポラリファイルが /tmp に書き込めないとエラー終了するので、viのmanを読んだら環境変数があったので、
SETENV TMPDIR /mnt/usr/tmp
とかしたら無事
vi /mnt/etc/fstab
で編集できた。

で、元のデバイス名の環境で起動して、ad を MAKEDEV して fstab も ad に書き換えて、再起動!
無事起動できましたとさ。

【教訓】
何か作業をする時は、付随する作業がないか念入りに確認しよう。 <自分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/25

物理HDDからDisk2vhdで変換したWin2000/XPのVHDへの追加作業のまとめメモ

【経緯】
過去記事の通り、メインPC&サブPCが両方壊れて新生メインPCのOSにはWindows7の64bit版を新規インストールした。(つまりOSアップグレードではないのでアプリは引き継げない)。
そこで、メインPC&サブPCのHDDをSysinternalsのDisk2vhdでVHDへ変換して、いざという時に過去アプリを使えるようにする事にした。
で、変換は出来たが動かない(泣) (INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE のブルースクリーン)
ググッたら追加作業が必要という事が判明したが、情報が分散してるので、自分メモとしてまとめてみた。
(Virtual PC はレガシーアプリを動作させる為のものなのに、)Win7のVPCだと諸々レガシーデバイスが切り捨てられてるので、Win7版はアンインストールして Virtual PC 2007 を入れた。(^^;)

【ポイント】
・Disk2vhdの変換時にオプションにチェックを付け忘れると、HALを手作業で入れ替えなきゃだよ orz
 特に変換元物理PCがマルチコアだった人は必須。
・さすがに起動時はIDEコントローラーをプラグ&プレイで検索してくれないらしい。

【下記手順実行時に適宜必要な作業】
VHD内にアクセスする時は、Win7の[コンピュータの管理]-[ディスクの管理]-[操作]-[VHDの接続] を行う事。

【手順概要】
僕のメインPCはWin2kだったので、OS名は適宜読み替えること。

・Disk2vhdの変換時に「Prepare for use in Virtual PC」にチェックを付け忘れた場合は下記を実行:
 ・Win2000 CD から 下記を ¥WINNT¥system32 へコピー。
  拡張子が .DL_ とかの場合は、コピーして拡張子を .cab にすれば、EXTなんちゃらコマンドを使わなくても中身を取り出せる。
   NTKRNLPA.EXE → PAE(物理アドレス拡張)対応カーネル
   halacpi.dll  → ACPI PC 用の標準 HAL

 ・boot.ini の起動したいOSの行に下記を追加:
    /KERNEL=NTKRNLPA.EXE /HAL=halacpi.dll
  例えばこんな感じ。
   multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(7)¥WINNT="E: Windows 2000 Professional (for VPC)" /fastdetect /KERNEL=NTKRNLPA.EXE /HAL=halacpi.dll

・起動時IDEコントローラーに関するレジストリエントリを書き換える:
 regeditを起動してHKEY_LOCAL_MACHINEをポイントして[ファイル]-[ハイブの読み込み]で、VHD内の ¥WINNT¥system32¥config¥system を読み込む。キー名は参考文献[A]の場合は「temp_xp_system」、参考文献[D]の場合は「win2000_sys」。
 参考文献[A]の.regファイルをコピってファイルにしておく。
 HKEY_LOCAL_MACHINE¥temp_xp_system¥SYSTEM¥Select の Current に書いてある値が現在のコントロールセットなので、参考文献[A]の.regファイルをコピーして「ControlSet002、3、4、etc...」用を作っておくと吉。
現在のコントロールセット用の.regファイルをインポートする。

・ハイブのアンロード、VHDファイルの切断を忘れずにっ。

・VPC上でターゲットOSをセーフモードで起動。
 無事起動する事を確認♪
 「新しいハードウェアの検索ウィザードの開始」が出たらキャンセルしなきゃらしい。(僕の環境では出なかった。)

・普通に起動。
 無事起動する事を確認♪

・変換元物理マザーボード用ツールは当然不要なのでアンインストール。(ASUSなんちゃらとかGIGABYTEなんちゃらとか。)

【おまけ】
超レガシーOS(Win95)とかの場合は下記ドライバを使用。
 Intel 440BX チップセット ドライバー
  https://downloadcenter.intel.com/ja/download/4241/INF-400-

 DEC 21140 のイーサネットチップ ドライバー
  http://www.intel.com/design/network/drivers/nd2_300.htm ← (DEC社の半導体部門はIntel社に譲渡された為)


【参考文献】
 [A] 無償ツールで仮想化による移行を実現する:Windows XP→Windows 7丸ごと引っ越しテクニック(後)
  (http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1109/15/news128.html)
  Disk2vhdで移行後にIDEドライバをVPC用に書き換える方法についての解説。レジストリ設定ファイルのサンプルあり。
 [B] Windows 2000が起動不能になったときには
  (http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/119lkgc/119lkgc.html)
  複数の ControlSet についての解説。
 [C] Hyper-V で無償 P2V (2) - Disk2VHD による P2V の仕組み
  (http://d.hatena.ne.jp/ogawad/20101028/1288220532) ← (2)
  (http://d.hatena.ne.jp/ogawad/20101029/1288309146) ← (3)
  Disk2vhdで「Prepare for use in Virtual PC」チェックボックスを有効にした時の処理内容の解説。
 [D] Disk2vhdで仮想化!!Windows2000server
  (http://blog.goo.ne.jp/tamahanaguro/e/d35048ae3018830b5566685e10a8c8ac)
  全体的な手順が書かれているが、試行錯誤の記録なので雑談部分を読み飛ばすスキル(笑)が必要。
 [E] Virtual PC/Virtual Serverでエミュレートされるネットワーク・インターフェイス
  (http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/760vmnet/vmnet.html)
  DEC DC21140A互換ドライバの探し方が書いてある。
 [F] Virtual PC で インターネット
  (http://dosmania.blog.fc2.com/blog-date-20121115.html)
  DEC 21140 ドライバーのIntelサイトURLが記載。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/24

WebサーバーのProxy機能を利用されて踏み台にされてた件

2014年10月のある日、自宅サーバーのHDDアクセスランプが常時チカチカと。
ウチのWebコンテンツは最近見に来る人少ないはずなんだけど。 Anonymous FTP でのアップロードは許可してるけど、これまた最近は利用しに来る人いないし。
httpd-access.log を見てみると、CONNECTメソッドでのアクセスとか、外部URLでのGETメソッドなのになぜか「200 OK」だったりするアクセスがガンガンと。
そこで「apache CONNECT メソッド」でググって見ると…、「WebサーバーのProxy機能を利用した攻撃」的な記事がわらわらと。しかも投稿日が2005年位から。そんな古典的な手法があったなんて知らなかったよ!orz
ウチは Document root のデフォルトが CGI で動的生成なので、Proxy機能が自動有効になるらしい。
それではと過去ログをチェック。
zgrep 'GET http' /var/log/httpd-access.log.*.gz
うわ!少なくとも2012年には踏み台に利用されてるじゃん! アクセス数が少ないから気付かなかったYO!
悪党の片棒的な中継は、SMTPポートの中継とP2Pの中継と思われるもの。 メールサーバーは当初から対策してるので安心してたらWebサーバー経由でSPAMメールの中継できちゃうのかorz
正当なProxy利用的な中継は、中国のIPから普通のWebサイトを中継閲覧してるもの。もしかして当局の閲覧規制を回避する為なのかな。←こういうのは人道的には応援したい。
ともかく穴を塞がねばっ。 各種解説サイトを参考に httpd.conf へ記述追加っ。
【該当部分のみ記載。下記をそれぞれ適切なディレクティブ内へ書き書き。Apache 1.3用w】
------------>8-------------切り取り線---始------------->8------------
        ### 特殊なメソッドは全拒否 ###
        <LimitExcept GET POST>
            Order deny,allow
            Deny from all
        </LimitExcept>
------------>8-------------切り取り線---終------------->8------------
------------>8-------------切り取り線---始------------->8------------
        ### GET は通ってしまうので mod_rewrite で対処 ###
        RewriteEngine on
        RewriteCond %{HTTP_HOST} !^127\.0\. [NC]
        RewriteCond %{HTTP_HOST} !^192\.168\. [NC]
        RewriteCond %{HTTP_HOST} !^dcg\.pgw\.jp$ [NC]
        RewriteCond %{HTTP_HOST} !^www\.dcg\.pgw\.jp$ [NC]
        RewriteRule .*  -  [F,L]
------------>8-------------切り取り線---終------------->8------------
------------>8-------------切り取り線---始------------->8------------
    ### ログを分離 ###
    SetEnvIf Request_Method "[A-Za-z]" proxy
    SetEnvIfNoCase Host "^127\.0\." !proxy
    SetEnvIfNoCase Host "^192\.168\." !proxy
    SetEnvIfNoCase Host "^dcg\." !proxy
    SetEnvIfNoCase Host "^www\.dcg\." !proxy
    SetEnvIf Request_Method "CONNECT" proxy=1
    SetEnvIf Request_Method "^[A-Za-z]$" proxy=1
 
    SetEnvIf Request_Method "[A-Za-z]" log
    SetEnvIf proxy "1" !log
    CustomLog /var/log/httpd-access.log combined env=log
    CustomLog /var/log/httpd-proxy.log combined env=proxy
------------>8-------------切り取り線---終------------->8------------
ふぅ、対処完了♪(ここ1、2日見ている限り、ちゃんと動いてるみたい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/22

自宅サーバーのドメイン(dcg.dyndns.ws)が使用不能 (泣)

自宅サーバー用のドメイン(dcg.dyndns.ws)は長らくDynDNS.orgの無料サービスを利用していたのだが、今年の春から管理画面に定期的にアクセスしないとドメインを剥奪されることになったらしく、しかもその通告メールが迷惑メールフォルダに入っていたために気付かず、日本時間2013/8/22未明に期限が到来していた。

そのため自宅サーバーに外部からアクセスする機能(写真サイト、iモードからプロバイダメールを見るアプリ、Secondlife内に置いてあるスクリプト、天空のクリスタリアの所属ギルド用サイト)が全て使用不能‥‥orz

DynDNS.orgの有料版に移行する気は無いので、他のダイナミックDNSサービスを探さなきゃだよ。
とりあえず写真サイトは更新止まってるので閲覧者は多分居なくて影響範囲が少ないのが不幸中の幸い。www

dcg.dyndns.wsは約10年使っていたので愛着があったのに、メール見逃しで利用終了とは‥‥ってThunderbirdの迷惑メール抽出機能強力すぎ(怒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/10

Canon iVIS HF10がいつの間にかClass10に対応してた

Canon_ivis_hf10_wideconv_768x512

僕の持ってるビデオカメラ Canon iVIS HF10 (2008年モデル、Class6対応)が、今年7月にファームウェアアップしてClass10 SDHCに対応してた事に今頃気付いたっ。
速攻落とした。(←全然速攻じゃない)

iVIS HF10 / HF100 ファームウエア Version 1.0.3.0
  http://cweb.canon.jp/drv-upd/dv/hf10-100firm.html

動作確認済みメモリーカードは?(iVIS HF10/HF100/FS10)
  http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/dvcam/41620-1.html

Class4、6がすぐに無くなるとは思わないけど、Class10が挿せるなら本体が壊れるより先に対応メモリーカードが市場から消えると言う事態は無さそうだねっ。
Canonさん、ありがとう、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/05

アクセスカウンタの画像をXBM形式からBMP形式へ変更

2009年( or 2010年?) あたりに、IE も Firefox も XBM 画像のサポートをやめていた事を、つい最近になって知った。 (遅っ!)
僕のカウンターの画像が近頃表示されてなかったのはそういうことだったのかぁぁぁ!!
そういうわけで、アクセスカウンタの画像をXBM形式からBMP形式へ変更した。

BMP生成のperlスクリプトは、Fireball ブログ様 http://fireball.loafer.jp/kes/article_42.html を使わせて頂きました。 (ライブラリ化されている版は http://fireball.loafer.jp/kes/article_52.html)
従来から使わせて頂いていたアクセスカウンタperlスクリプトは Grand Cru様 http://www2s.biglobe.ne.jp/~cru/library/index.html
この2つを合成して使用。

本来は GIF 画像のほうがWeb標準で良いのだが、nifty で動かすには重そうなので、簡単そうな BMP を選択。^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/17

メインディスプレイをCRT→LCDへ買い換え

実は一ヶ月ほど前に液晶モニターを買った。
メインディスプレイとして使っていた19inchブラウン管モニターがいよいよダメになってきたので、NANAO SX2462W を購入。
写真編集用という事で IPS 液晶にした。 キャリブレーションセンサー付きのモデルにしたが、まだ使ってない。^^;
とりあえずCRT風(9300K)の色味にしてある。
(sRGBの黄色っぽい色は生理的に受け付けない! ><)
最近のソフトはワイド画面前提で、なんちゃらバーとかが左右に付いているが、やっとなんちゃらバーが邪魔にならなくなった。(笑)
あと YouTube の 1080p が全画面表示でドットバイドット表示できるようになった。グラボが遅いせいかパラパラ漫画だけど。 ><

現在は 24inch LCD (NANAO SX2462W、1920x1200) & 15inch LCD (ADTEC製(SHARPのOEM)、1024x768) という構成。
Sx2462w24_864x576

もはや机からはみ出している。^^;
Sx2462w01_768x576

買い替え前の構成は 19inch CRT (NANAO T766、1440x1080)  & 15inch LCD (ADTEC製(SHARPのOEM)、1024x768)。
T76605_864x576

その前(初DOS/V)の構成は 17inch CRT (NANAO 53T、1024x768) & 12inch LCD (CTX PanoView 600、800x600)
53t_pa302763_768x576

ついでにその前は PC-9801VX で使っていた SHARP の 12inch 位のCRT。 縦400dotを480dotに拡張するソフトを使ってたなぁ。
19990812221740_pc98vx_714x476

PC-8801mkⅡ(初PC)の頃はデジカメなんて存在しないから写真は無いなぁ。

ちなみにPC机の柱に継ぎ足した個所が見えるが、12inch CRT だったときの天井の名残。
もっと言うと、プリンターも巨大化していったため、写真の上のほうにチラッと見えているプリンター用の段の柱も継ぎ足してある。 その上にスキャナー用の段があり、全高190cmのバベルの塔と化している。 スキャナーにスキャンする紙をセットする時は、椅子の上に立たないと手が届かない。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/15

Infoseek isweb ホームページスペース提供終了 ><

無料ホームページスペース提供サービスの Infoseek isweb が10月末で終了するそうな。
8月頃に告知されていたらしいのだが、毎週届くメールマガジンがうざくて迷惑メール設定していたから、見逃していた。^^;
あと半月で自宅サーバーへ移行しなくてはっ!!

いまどきはHPの知識が無くてもblogでお手軽にコンテンツを公開できるし、HPスペースは大抵のプロバイダが提供してくれるから、無料HPスペースなんて無くても誰も困らないのかな。 Yahooとfc2にはまだまだがんばってもらいたい。

自分メモ&思い出を記録:
2001年冬~2003年のコンテンツ。  http://winwin7.hp.infoseek.co.jp/ (goo 運営時に取得 → hoops → infoseek へ運営変更)
2004年~2005年春のコンテンツ。  http://dcgallery.at.infoseek.co.jp/ (lycos tripod 運営時に取得→ infoseek へ運営変更)
撮影会コンテンツ。  http://dgallery-web.hp.infoseek.co.jp/ (Infoseek が他を吸収する前に取得した isweb のスペース)
掲示板 cgi を自宅サーバーで動かす。
・アクセスカウンターに記録されているURLを移行。

あぁぁ結構いっぱいあるな… ><
あっ、撮影会コンテンツ用に温存してある http://dpg.dyndns.ws/ の出番がやってくるぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pivi生産終了

どうやら先月でモバイルプリンタPiviが全機種(と言っても2機種)生産終了になったらしい。
果たしてPivi専用フィルムの供給は後何年位続くだろうか。
フィルムは生ものだから、あんまり買いだめするわけにもいかないし。
まぁ本当に最後となったら買いだめするしかないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/20

写真画像の色域 (泣)

なんか Firefox 3 になってから、僕の写真サイトの画像が赤っぽく表示されるんだけど。
PC環境を sRGB に調整していないツケが来たかぁぁぁ。

どうやら Digital Photo Professional で ICC プロファイル付きで現像した画像が赤っぽくなるらしい。
9300K の ICC プロファイルに差し替えるのと、ExifTool で Color Space を Uncalibrated にするのと、どっちが楽だろうか。
っていうか、大量の画像を今更直せません。(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)